こうちゃんのニコニコ三週間ダイエット奮闘気!

最近の脱毛サロンで使われているのは

これまでの脱毛は、「ニードル法」といわれる針で毛穴を刺激するものなど、痛いと感じるものが多くありました。


けれど、最近の脱毛サロンで使われているのは、「フラッシュ脱毛」といわれる方法です。人によりますが、フラッシュ脱毛であれば少々ちくっと感じる程度で、それほど痛みを感じずにすみます。




ただし、Vラインなどの毛が濃い部分はちょっと痛みが強くなります。脱毛サロンを利用する前には、なんといっても肌を見られてしまうのだからきれいに毛を剃らなければいけないと思って、しっかりとムダ毛を剃って行きました。しかし、いざ見てもらう時になると随所に剃り残したムダ毛が残っていて、恥ずかしくなってしまいました。


そのうえ、体毛の量やムダ毛の生え方を確認するために、剃らずに行ったほうがよかったみたいです。脱毛サロンに行くと、つるつるの脇や足が手に入るし、施術してくださるエステティシャンの方と楽しい時間が過ごせるし、メリットが多いと思います。



しかしながら、デメリットもあり、費用がかかってしまうことです。

そして、脱毛サロンによっては、粘り強く勧誘されてしまうこともあります。でも、近頃では、強引な勧誘は禁止されているので、きっぱりと断れば、問題ありません。

全身脱毛のときに、施術が痛くないかがやっぱり気になります。




今では、多くの脱毛サロンで光脱毛と呼ばれるフラッシュ脱毛が採用されています。



フラッシュ脱毛とは、一瞬のうちに広範囲の脱毛部位に有効な光を当てて脱毛処理を行います。


ですので、他の脱毛方法に比べてほとんど痛みを感じることもなくて利用者も高い評価をしています。

最近の脱毛サロンは総じて、新規の契約を増やす目的で体験キャンペーンを破格の安さで打ち出しています。



こういった体験キャンペーンの合わせ技で、格安で脱毛を終わらせてしまうことを「脱毛サロンの掛け持ち」と表現します。

脱毛サロンを掛け持つとリーズナブルですが、複数の脱毛カウンセリングを受けなければならず、少し煩わしくもありそうです。ワキ脱毛に光脱毛を使う女性も増えています。

光脱毛でムダ毛の毛根を破壊することが可能ですので、ワキ脱毛にはとても適しています。レーザー脱毛より、脱毛効果に引けを取るものの、痛みが少なく安いというメリットがあります。肌に対するダメージが少ないのも、ワキ脱毛に適している理由です。




病院での脱毛は安全性が高いとされていますが、そういうことだからといって全く危険が伴わない訳ではありません。医療脱毛でも、火傷、吹き出物あるいは毛濃炎などのリスクが伴います。医療脱毛以外でも、こういったリスクはエステでの脱毛でも起こりうるものです。



脱毛したいと思ったら、少しでも口コミがいいところで施術を受けてください。ついこの間、知り合いと一緒に気になる毛を綺麗にするために脱毛サロンに行ってきました。

体験してみたくて行ったんですが、どれを試したらいいかメニューを聞くと、思っていた通り全身脱毛コースと言われました。


脱毛サロンの内装もおしゃれな感じで待ち時間も落ち着いて過ごせました。

施術も素晴らしく、店員の愛想も良く、大変魅力的な内容でした。


以前から、毛深い自分をどうしたらいいのかと悩んでいました。「脱毛っていいよ」と友達が勧めてきて、脱毛しようと決心して、はじめに、ワキの脱毛に挑戦してみました。脱毛してもらって、ムダ毛がすぐになくなっていったので、ワキだけではなく、他のゾーンもしてもらいました。

肌の色も明るくなったように感じました。脱毛したいところが、いっぱい増えてきて、最後に落ち着いたのは、契約を全身脱毛にするという結果でした。



肌がツルツルしていくのが本当に楽しいです。

永久脱毛とはどういう仕組みで施術をされているかというと、レーザーといった機械を使用して毛根や毛のメラニン色素にエネルギーを加えて、毛を作る組織を壊し、永久的に毛が生えないための方法なのです。


レーザー脱毛のほかにニードル脱毛という方法があるのですが、今では、レーザーが主流になっています。どっちにしろ毛を作り出す組織を破壊して毛が生えないようにしています。